どのようにして自動車の高い価値の損失を防ぐか? 邪悪な目覚めに反する10の価値ある助言

私は3年ほど前に19.000€で中古車を購入し、私の妻はその車で5.000 kmほど走行した。

そして現在その中古車の価値は8.000€である。このようなことがあり得るであろうか?

 

2019年5月のこの記事は、ドイツにおける自動車市場の概観を示しており、私たちの正しい車の購入決断を助けてくれるだろう。さらに、海外駐在者がその妻と共に2、3年の短い期間、買い物や子供のお迎え、小旅行など様々な場面での自動車利用を容易にするだろう。我々COSからの基本的な提案は次の通りである。

比較的高額な新車をリースするのではなく、良い状態の中古車を購入する。こうすることにより、良い装備で価値の高い自動車に乗ることが出来、同時に価格を抑えることのできる可能性が増すのである。

勿論その為の必要条件として、良い再販売価格を実現しなくてはいけない。どのようにして実現していくか説明していきたいと思う。

 

中古車市場と比較して、新車購入の比率はいかなるものか?

2018年に新たに自動車登録された約340万台の内、220万台ほどが商業車、120万台ほどが自家用車であった。中古車の分野において、約866万台の原動機付車両の所有者が替わっていた。そしてその内約700万人が自家用車として自動車登録している。さらに、中古車の50%ほどがメーカーを通して売却されたが、圧倒的なシェアーは購入から2年までの車においてである。

さて、ドイツ人は新車購入の際に平均30.000€も支払っていた。中古車分野において、メーカーのディーラーを通した場合は15.500€であるが、自由市場や、一般的な中古車のディーラーにおいては8.900€で売買されていた。これらの事から我々は最初の2つの認識に至る。

1. ドイツ人運転者において、中古車は一般的である。ごく少数が自家用車に新車を購入する。

2. 中古車の価格落ちをできる限り抑えるために、中古車の価格は9.000€~15.000€に留まるべきである

 

どれほどの中古車が一般的に企業を通して、または個人的に売却されているか?

これについて固定の数字は存在せず、季節的、および経済的な状況によって大きく変化する。ただし、個人的な車の売却は昨年激減した。これは様々なインターネットポータルサイトにおける評価からも分かることだ。2018年12月の調査では、購入から1年ほどのフォルクスワーゲン・ゴルフ(VW・Golf)の中古車の売却広告は15.973件に及んだ。そのうち119件に「個人売却」の印がつけられていた。購入からの年月を少し変更し、より古い中古車について検索してみる。例えば購入から7年後のゴルフ(Golf)について4086件の広告が見つかり、そのうち861件に「個人売却」の印があった。

3. 特にメーカーのディーラーを通して、購入から2年以上の車の売却は非常に少ない、もしくはほとんど無い。同様に、購入から日の浅い車を個人の売却主からお得に手に入れることを期待出来る

 

どのエンジンがドイツ国内の車市場において好まれているか?

ドイツ国内で新しく自動車登録された車の半分が気筒容積1.5‐2リッターのエンジンを搭載している。140万台の車がそれよりも劣る1.2‐1.4リッターのエンジンを搭載している。自動車登録された車全体の1.5%が3リッター以上の大きな容量のエンジンを持っている。

「木筒容積はより大きな容積で補う」という主張は科学技術的だけでなく統計上も誤りであることを証明する。2017年、平均148馬力の新車を購入したが、その結果、“ダウンサイジングコンセプト”搭載エンジンの発展が性能向上とともに広く受け入れていることがわかる。オットーエンジン(ガソリン)がインタール・コンバーション・エンジンの大部分を占め、新車の2/3に備え付けられた。残りの1/3はディーゼルエンジンが搭載された。

過去数か月に亘る激論については乗用車におけるディーゼルエンジンの搭載率が厳しく減らされたことに帰依する。“車‐バイク‐スポーツ雑誌(Auto-Motor-Sport Magazin)“の2018年11月号によると、ハイブリット駆動車の割合は少なくとも4.3%上昇した。(プラグイン+114%、フルハイブリット+76% 昨年比)純粋な電気駆動車の割合は1.6%に達するといわれており、前年と比較すると120%近い上昇率である。

自動車登録された車の僅か0.2%のみが地ガスや液化ガスにより走行しているが、ほとんどのガス車は使用の増加と共に改善されていくだろう。

4. 今日までの様々な経験により、我々COSは電気駆動と組み合わせた燃料節約ガソリンエンジンを推奨する。そのため、ハイブリッドまたはプラグインハイブリッド車の購入を強く勧める。しかし、将来は純粋な電気駆動車がその中心になるだろう.

 

少なくともどの特別な装置が選択されるべきか?

 

分かりやすく説明する為、追加機能の割り増し料金の高い順に説明していきたい。アメリカでマニュアル車が稀であった、さらには、マニュアル車とオートマ車それぞれに運転免許証が必要であったとき、“ドイツ自動車信託(Deutsche Automobil Treuhand)”によると、ドイツ国内では4台に1台の自動車にオートマチックギアが搭載されていたようだ。さらに昔は、オートマチックギアは特等クラスの車の為のもの、もしくは特別装備として非常に高い割増料金とともに発注されていた。現在はオートマチックまたはオートメーション化ギアへと傾向の転換が見受けられる。さらに、エレクトロモビリティー化が(マニュアル車ではない)この傾向の転換をさらに後押ししており、「マニュアル車は数十年の内に隙間商品となるだろう」(全ドイツ自動車クラブ(ADAC)-Technikzentrum Landsberg)と云われている。

 エアバックの大半(前方、そして側面のエアバック)は法律上も搭載が義務付けられるようになった。オプション、または法的必要条件ではない追加選択としては、膝、後部座席、窓のエアバックがある。それぞれの追加エアバックはより大きな安全性をもたらす。類似の事象は、ディストロニック・システム、アクティブブレーキ・システム、車線変更支援システムのような他の安全装置においても見受けられる。

 安全装置について正しく説明された顧客に追加装置の予算がある場合、ほぼすべての車販売員がカーナビゲーションシステムのオプションを選択する。近年はスマートフォンの方がより良いナビゲーションシステムを持っていることは皆が知っているにも拘らず、ドイツでは完全な(きちんとした)商品が非常に重要とされている。そこでドイツ人の顧客において最も好まれるのは、性能の最も良い大画面のカーナビゲーションである。結果的に、必要不可欠であるカーナビゲーションシステムの搭載されていない中古車は非常に大きな価格落ちの要因となる。これについては例えば次のように根拠づけられる。メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)のGクラスの新車は、元祖オフロート車の特徴を持っているにも関わらず、最近ではその新車の2/3においてダブルディスプレイのオプションが古典的な表示機能の代わりとして搭載されている。

エアコンの付いていない車は現在ほとんど販売されることがない。また、今日ではこれらの快適装置、そして安全装置の追加設置が断念されることはほぼ無い。

さらに興味深い事に、キセノン/LEDのヘッドライトやレーザー照明によって安全性も高まる。これは全ドイツ自動車クラブ(ADAC)の推薦からも分かる。ハロゲンヘッドライトと現代的なヘッドライトの違いはそれぞれが身をもって知っているだろう。キセノン/LEDヘッドライトの光達距離は従来のハロゲンヘッドライトに比べ2倍である。さらに、光達距離だけでなく光の明るさもより優れている。これにより私たちはあらゆる危険をより早く、そしてより繊細に気が付く事ができ、明らかにより大きな安全性を感じられ、はるかにリラックスして運転することができる。

革張りの座席シートは車の価値を非常に高くする。皮革は耐摩耗性が高く、クリーニングもしやすく、非常に良い触り心地で見た目も非常に良い。さらに衛生的な観点からも革張りの座席シートは布張りの座席と比べて非常に魅力的である。しかし、革張りの座席は少なくとも年に2回ほど大規模なクリーニングが必要である。さもないとシワや割れ目が発生してしまうのである。革張りの座席においてもシートヒートは必須とされ、この機能の無い車が販売されることはほぼ無い。

比較的少ない追加料金で非常に魅力的な、そして良い売却価格を勝ち得る為のとっておきの秘密は、トレーラー連結器である。この機能が使用されることが未だに稀であっても、その機能柔軟性は非常に興味をそそられる。

5. 将来の売却に備えて、より人を引き付ける魅力的な自動車であるためには、オートマチックギアや膨大な安全装置を完備し、エアコン、ほぼ完ぺきなナビゲーションシステム、そして可能な限り革張りの座席を装備するべきである

  

購入検討の際、エネルギー効率はどのような役割を果たすだろうか?

 2017年度、連邦統計庁による評価によると、燃費が車購入の決断を左右することが示されている。最近では新車の11.4%が最もエネルギー効率の良いA+クラスである。A、Bクラスはそれぞれ23.6%、そして37.0%である。二酸化炭素排出量は昨年度と比較すると0.5g/km 増え127.9g/km(+0.4%)と僅かに上昇した。

目下激論されている“ファインシュタウプ(Feinstaub)“(細かい塵の意)や窒素汚染物質とこれらによる空気汚染に伴う運転禁止令から分かるように、全ドイツ自動車クラブ(ADAC)は、今後エコテストによる階級付けに非常に高い重要性を置いていくだろう。全ドイツ自動車クラブ(ADAC)は多くの車種に対して、実際の走行中に排出される環境汚染物質の排出量を比較した。日産・NP300ナバラ(Nissan NP300 Navara)、いすゞ自動車・Dマックス(Isuzu D-max)、キア・ソレント(KIA Sorento)、双竜自動車・レクストンとコラドン(Ssang-Yong Rexton & Korando)が最下位を争った。残念ながらこれらの車種は再販売の際に価格落ちが起こるだろう。

ハイブリット車である、ヒュンダイ・アイオニック(Hyundai IONIQ)、BMW・i3、フォルクスワーゲン・e-Golf(VW e-Golf)、同じくフォルクスワーゲン・up!(VW up!)、スマート・EQ(SMART EQ)が

前述の車種に反して上位に位置した

6. 全ドイツ自動車クラブ(ADAC)の「エコテスト」のデーターバンクは、誤った決断を避ける手助けになるだろう。

 

ドイツ人はどのような乗用車を最も多く購入するか?

ドイツ国内において、自動車登録された乗用車の中でコンパクトカー部門が23%ほどで大半を占める。時として、中型以下の部門としての自動車カテゴリーであると理解されるが、これはこの車の部門ではゴルフ部門として表されるからである。コンパクトカー部門に当てはまる車は例えば以下のとおりである:Golf、Focus、Civic、1er、A-klasse、Mazda3、Prius、Auris、Oktavia など。

 SUV車(Sports Utility Vehicle)が非常に大きな成長を見せ、その結果2番目に多く15.2%を占めている。典型的なSUV車はCayenne、M-Klasse、Q7、X5などがある。

次に来るのが小型車(Polo、Up、IQなど)で14.5%を占め、さらに中型車(C-Klasse、3er、A4、Passatなど)が11.9%を占める。残りの車種の自動車はおよそ31%にまとめられ、具体的にはオープンカーや豪高級車、ピックアップトラック、非常に大きなリムジン、キャンピングカーやスポーツカーなどである。これらの後に続くのはむしろエキゾチックとされている車種であり、ここで紹介するためには個々の考察が必要となる。

7. 購入する自動車に対する希望の80%を適えられる場合、COSはコンパクトクラスの車を購入することを勧める。将来的に良い再販価格を得られるだろう。

 

どのブランドが魅力的か?

ドイツ連邦庁の統計から分かるように、ドイツの車市場では地元ドイツの車メーカーが最上位に位置する。最強と謳われるフォルクスワーゲン(WV)は「ディーゼル不祥事(デイーゼル・ゲート)」にも関わらず首位の座を他に譲ることなく、18.4%と明らかに最大の市場占有率を誇る。これに続く2位の位置にメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)がある。2018年は32万台弱の販売台数を誇ったが、これはフォルクスワーゲン(WV)の半分の数字に過ぎない。

BMWとアウディ―(Audi)は3,4位の順位を頻繁に入れ替える。アウディー(Audi)は非常に厳しいWLTP(乗用車等の国際調和排気ガス燃費試験)の排気ガス試験サイクルの事件故にひどい売上低迷が起こった。5、6位の座には北、そして東ドイツで比較的好まれているフォード(Ford)とオペル(Opel)が位置する。

輸入市場において際立ったのは、2018年テスラ(Tesla)が自社の電気自動車における75%の大成長を成し遂げたことであった。しかしマーケットシェア―は、商業新聞の情報によると2000台ほど減少したようだ。テスラの生産能力が向上すれば2019年の売れ行きは確実に良い方向に発展するだろう。ドイツではスコダ(Skoda)(5.6%)の自動車も好まれている。スコダの自動車には技術的に熟達しているフォルクスワーゲンの部品が使用されているが、商品をチェコで生産することによりコストが抑えられていることがその理由である。ルノー(Renault)はコストの安い小型車の部門において2位(3.9%)の位置にある。韓国のメーカーであるヒュンダイ(Hyundai)(3.1%)は価格政策に長けており、また高い自動車保証を誇り、セアト(Seat)と共に3位に位置する。セアト(3.1%)はスコダ同様にフォルクスワーゲンのコンツェルンに属しており、前述のスコダの様な強みを持つ。しかし、高価な商品コストとどちらかというとスポーツカーのカテゴリーに分類されることから、自動車本体だけでなく付属小品も販売価格がスコダに比べると高い。

良い再販売価格を得るためには、お得な値段に見えて、ただの売れ残りのである様な自動車を購入するのではなく、ドイツのメーカーの心の引き付けられる、需要の高い車を購入するべきである。

Type Units 2018
VW Golf 211.517
VW Tiguan 74.749
VW Polo 70.488
VW Passat 70.007
MB C Klasse 62.784
Skoda Octavia 58.444
Audi A4 53.340
MB E-Klasse 51.175
Mini 50.494
Ford Focus 49.278
Opel Corsa 47.848
Ford Fiesta 47.222
Opel Astra 45.932
Audi A3 45.901
Skoda Fabia 44.900
BMW 1er 44.193
Seat Leon 43.045
VW Touran 42.623
BMW 5er 42.356
Ford Kuga 42.276
MB GLC 40.438
VW Transporter 39.433
BMW 2er 38.189
Audi A6 37.170
VW Up 35.401
VW T-Roc 35.229
MB A-Klasse 35.252
BMW 3er 34.514
Fiat 500 31.589
BMW X1 31.521
VW Caddy 30.896
Smart Fortwo 27.405
Dacia Sandero 25.109
MB B-Klasse 24.846
Opel Insignia 24.755
Hyundai Tucson 24.055
Toyota Yaris 23.914
Renault Captur 23.834
Renault Clio 23.575
Opel Mokka 22.790
Dacia Duster 22.664
Hyundai i20 22.559
Opel Adam 22.297
Opel Crossland X 22.217
Nissan Qashqai 22.143
Seat Arona 22.053
Huyundai i30 22.044
Citroen C3 21.844
Ford Ecosport 21.664
Skoda Karoq 21.054 

8. 最も良い自動車メーカーの車の選択肢は限られていて、高い売り上げを誇る魅力的な車種を選び出す方が良い。

 

どの乗用車の色がドイツでは魅力とされるか?

 

外観の色は多くの顧客にとって大変興味深いテーマであり、それゆえにここでは特に自動車の色について扱ってみる。

80年代、特に赤と緑が乗用車の色として優勢であり、4台に1台がこれらの色で出荷されていた。白色は当時重い色とされていたが青色と共に3番目に人気のある色であった。これに反して黒色は非常に稀で、240万台の新規自動車登録された車の内、僅か31500台が黒色であった。

驚くべきことに、10年の間にドイツの車道は全く異なる光景に変わったようである。90年代、赤色(72万台)緑色(60万台)は初めこそ統計の上位を牽引していたが、黒色とグレーの魅力も徐々に人々の間で増していった。確実に車のデザインは、その発展に空気力学が優先されている影響がある。90年代中ごろには黒色とグレーが一番の人気色であった。330万台の新規登録された自動車のほぼ半数が黒もしくはグレーの色であったほどだ。白色はたいした人気を得ることが無く、「白色はすべての汚れを目立たせ、だから常に洗車しなくてはいけない。」と一致の意見であった。また、ほぼ白色の車を運転することはタブーであった。人々は白色を「趣味の悪い色」と感じていたようで、「たった今下塗りをして、そのあとカラーリングすることを忘れた。」かのように見ていたようである。白い自動車はほとんど売れず、売却に際しても二割減の大変不利な立場にあった。

暗い色の魅力は現在も依然としてあり、優雅さを表現しているとされる。3台に1台が黒色、またはグレーである。2010年からドイツでは特に高級車を中心に白色が再び流行し、2017年には330万台の新車の内1/6が白色で出荷された。赤色、または青色の車の出荷は32万台と2万2千台と激減した。現在2万9千台ほどの緑色の車はすでに大変希少となった。

9. 外観の色は多くの人にとって大変重要な購入の決め手となる。大半の人に人気の黒色、グレー、白色を選ぶべきである。

 

どの自動車がより良く、設備不良から突然の事故を避けられるか?

連邦統計庁2017年に公表した情報によると、2810万台の自動車が車検を受けその34%に何らかの不備が見つかった。頻繁に見受けられる不備はライトの設備と電気系統の設備である。それも整備場や自らの手で交換出来るような、壊れた白熱電球の交換ではなく、大規模な修理(ワイヤーハーネスや制御装置の交換など)を必要とする損壊である。

次に頻繁に見受けられるのは、ブレーキ装置の故障である。シャフト、サスペンション、車輪の欠陥などがその代表である。特に古い自動車においては、オイル不足に対しての配慮やシャシーの欠陥が見られ、車検に合格できずに修理に費用がかさみ、時として経済的な全壊に値することもある。

また、2017年に車検を受けた1530万台の自動車が購入から9年以上であった。「ドイツ全土の乗用車が購入から平均10年である。」この連邦交通庁の評価は大多数にとって予期せぬものであった。

素敵で安い車を生産する自動車メーカーが世界にはある。しかし、走行性や安全性、耐久性、そしてそれに伴う価値損失への影響に関して技術的な観点から、そのような自動車メーカーの車は勧められない。いくつかのそのような自動車メーカーにおいては、どの様な機械的・技術的機能を持っているかで判断することのできない、感情に訴えてくるような部分に特化しているメーカーもある。例えば、大きなヘッドライトは女心をくすぐり、二台に一台のSUV車は最近ではその多くを女性が運転している。なぜなら「守られている」と感じられるからのようである。その反対に独特の魅力のある、スポーツカーのような車の誘惑に男性は負けてしまう。このようにして、感情に頼って購入を決めてしまうこともある。

10. もし絶対的な車愛好家でない場合、感情で購入を決めるのは避けること、そして定評のあるドイツ、または日本のメーカーの車種に限定して購入を検討することを勧める